FC2ブログ
2011-03-07

本日の声は、ケイ・ウンスク

だいぶ人間の声らしくなってきました。
おとといは、瀕死の目玉親父って感じでしたが。
ケイ・ウンスクっぽいとは言っても、歌は無理です。無理無理。
今ためしにハミングしてみようと思ったんですが………いやもう、笑っちゃうぐらいに出来ない!!
「話す」のと「歌う」のって、喉の使い方がぜーんぜん違うんだなあと今更ながらに思いました。
あと今コワイのが(今でなくてもそうだけど)災害と犯罪ですね。
「火事だーー!!!」「ドロボー!!」って叫びたくても、声出ませんwwww

noraさんがまたコメントくださってた「レンコン」ですが、はい、ぴったりの食材です。
喉の渇きを押さえ、また清熱作用もあるので炎症にも良いです。
今なら八百屋さんに生のレンコン売ってますね。あ、真ん中の太い部分よりも、つなぎ目というか節のところが薬効が高いそうです。
でも、洗ったり皮剥いたりが面倒なら、水煮のパックや冷凍食品を利用するのでもOK。
昨日も書きましたが、体調の悪いときは、体力温存が第一です。
noraさんは五菜湯に大根入れようかと書かれていたので、レンコンももしあれば大根ともども賽の目にして入れて、アジアン薬膳ミネストローネにしちゃうという手もあります。

去年の秋ごろの「いちにち藍布」でも確かレンコン使ってたな~、と思って確認したら、9月10月に登場してました。
季節的に、秋の空気の乾燥から肺を守る、というのが主要なテーマだったので、他にも「喉によい」「肌の乾燥を防ぐ」食材を使った料理をご紹介しています。ご関心ある向きはバックナンバーご覧下さい。

そのほか、イチジク、松の実、ミントなども、肺を潤したり余分な熱(炎症)を抑えるようです。
イチジクはフレッシュなものは時期はずれですが、ドライフルーツなら入手しやすいですね。
3時のオヤツとして、ミントティーと一緒に楽しむと良いのでは。






スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ