2011-01-30

眼精疲労にこのサラダ~1月「いちにち藍布」より

oneday1no1.jpg


この冬は特別寒いっっ!!と思っているのはらんぷ店主だけではなかったみたいで、ラニーニャ現象と言うのだそうですね。
エルニーニョが男の子、ラニーニャは女の子という意味だそうで、ドカ雪に困惑している地方のひとからすれば、まさに「雪女」かも…。


さてそんなさぶいさぶーい1月の「いちにち藍布」のお料理、勿論、体も心も温かく潤うものがテーマでした。
一皿目は「にんじんとレーズン、クルミのサラダ」。
サラダではありますが、いずれも「温性」の食材です。
また「気血水」という、体を巡る要素と言う観点から見ると、いずれも血を補います。
血虚の症状として疲れ目・かすみ目などが出る場合がありますが、そんな目のトラブルに役立ちそうな、ほんのり甘酸っぱいサラダです。
火を使わないので、あったかーいシチューやおでんなど煮込み料理がガスコンロを占領している横で、さささと作れます。

材料は

にんじん 中1.5本
ツナ缶 1缶
グリーンレーズン 大さじ3~4
クルミ(荒く砕いたもの) 大さじ3~4
酢・塩


にんじんは良く洗って皮ごと荒いめの千切り、またはスライサーで切ります。
ボウルにいれ、ツナ缶を油ごとあけて混ぜ合わせます。
レーズンを加え混ぜ、酢・塩で調味します。
(和えて少し置くと、にんじんから水気が出てしんなりし、レーズンが汁気を吸って柔らかく膨らみます。和えたてのときより甘みが増します)
レタスなどを敷いたお皿の上に盛り、クルミを散らします。

多めに作って密閉容器に入れ、冷蔵しておくと数日もちます。
にんじん臭さが消えて、あっさりマリネ風になり、パンにもワインにも合う一品に。

なんだか「あじあのおばんざいっぽくないじゃーん」て感じですが、このグリーンレーズンは中国新疆ウイグル自治区の特産品で、もうずっとずっと昔にらんぷ店主がカシュガル辺りに行ったときに、このレーズンとにんじん、そしてコマギレの羊肉の入ったピラフを食べたのです。
にんじんとグリーンレーズンの相性の良さが気に入って、サラダ仕立てにすることを思いつきました。

あの頃のウイグル自治区は、そこそこ長閑で平和だったような気がするなあ。
スポンサーサイト
プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ