FC2ブログ
2010-06-18

人気者の炒めキュウリ~6月「いちにち藍布」メニュウより

onedaylamp6no3.jpg

今日は朝から世界中が水たぷたぷ、って感じに雨降ってます(なんじゃこの日本語ww)。
通勤通学も大変だし洗濯物はなんだかいつまでもしっとりしてるし、何より気分が鬱陶しいし…。

でもこの雨が、モンスーン・アジアに実りをもたらすのでもありますよね。
そう、日本も勿論アジアの国のひとつ。
24節気の中に確か「穀雨(こくう)」というのがあったっけ。

そんなわけで、恵みの雨に感謝しつつ、でも体の湿気は追い払いたいワ~、ってときにはコレ、少し前の記事にも書きましたが「キュウリのニンニク塩炒め」です。
(作り方は「キュウリを炒める」で検索してね)

6月の「いちにち藍布」のメニュウで多分一番お手軽なのがコレでしたが、同時に人気第一位を争う?一皿でもありました。
キュウリを炒めるという意外さに驚いたと言うのと同時に、「なんだかこれ、するすると幾らでも食べられちゃうわ~。」というお声を幾つか戴きました。
後日、あるお客様から「翌日にどうしても食べたくなって、自分でキュウリ炒めてペロリと平らげてしまいました。」とのメールを戴きました。

口で美味しい、と思うだけでなく、お腹が、体が「旨い!」と感じる味。
それは、そのひとの体が必要としているものと案外合致するものかもしれません。

余談ですが、らんぷ店主は最近、何の脈絡も無く「あートマト食べたい。トマト買わなきゃ」と思うことが多く、近くの有機栽培の八百屋さんの、いつもは結構なお値段の赤い宝石のようなトマトが閉店間際に半額になってたりすると(それでもちょい高め)、ついつい財布の紐を緩めてしまいます。
ま、そんなのは料理する必要も無いので、少し冷やして切って盛り付けるだけ。塩も振りません。
こういうのも、体が求めている食べものなのかな、と思います。
宝石は、そうそういつもは買えないので、フツーのトマト買ったときのレシピは、またそのうち載せますね。

キュウリから話がそれてトマトになりましたが、次回はキャベツの話です。








スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ