FC2ブログ
2010-02-14

みんなで包子(パオズ)作り

dalianpaozi.jpg

写真は、包み終えた包子(パオズ)たち。
実際にはこの倍作りました(多分、100個弱)。
大きさはちょっと小ぶりで、掌に収まるぐらい。
形がいろいろなのは、一つには中の具が違うので見分けがつくようにとのことなんですが、あと一つの要因は…腕の違いっちゅーやつですなww

まん丸で中央にひだを寄せて作る肉まんらしい形のは、わりとすぐにコツを掴めたのですが、Fさんのお母さんが得意な楕円で中央に木の葉のような筋をつける包み方が、む、難しい…。
写真の一番下、中央がらんぷ店主の包んだの、その右隣がお母さんの作品です…違うでしょ(笑)。

包子は日本語で言うとどうしても「肉まん」になってしまうのですが、中国では肉中心の餡と同じぐらい、野菜ばかりの餡もポピュラーです。
青菜と椎茸とか、筍と春雨とか、そんなシンプルな具が入った菜包(ツァイパオ)が、上海の街角でも良く売られていて、旅先での朝ごはんには肉包と菜包ひとつづつ買って食べると丁度いいのです。
まあ、らんぷ店主はそのあと別屋台でワンタンスープかなんか食べたりしますけど(爆)。
そ、それはともかく、日本のコンビニでもピザまんとかカレーまんとかはもういいから、野菜まん、売ってくんないかなあ。

今回の具は豚肉とインゲンと椎茸、もう1種は豚肉とセリでしたが、どちらも野菜多めの配合。
作っているうちに生地が無くなり、具のほうが少し残ったのですが、Fさんがさささっと粉と水を混ぜ合わせて、イーストなしの無醗酵生地(餃子の皮と一緒)を用意。
因みに中国語で、醗酵した生地のことを醗麺(ファーミエン)、してない生地のことを死麺(スーミエン)と言うのだそうです。
わ、判りやすいって言えばそうだけど。
死麺で包むときは、蒸し上がりが少し固いのであまりひだを寄せないようにするとのこと。
で、包んでいくと今度は具のほうが先に無くなって死麺が余ってしまいましたが、Fさんは「これはまた餅(ビン:お焼き)でも作ったら良いんですよ。葱でも混ぜて。」
作りかたの何気ないコツ、余ったときの活用法に、中国北方のひとたちの「粉モン」との付き合いの長さを垣間見た思いです。

包み終えた包子を、今度はお母さん、どんどん蒸し器に入れて蒸し上げて行きます。
その日の晩ご飯は、山積みの包子の皿が幾つも並び、その合間にちょこまかとしたおかずが並び、食卓の隙間も見えぬほどに。
包子の餡の味付けはあっさり軽めなので、他のおかずと一緒に食べたり、ニンニクや香菜をみじん切りにして入れた自家製のタレをつけて食べたり、各自好きなように。
この「あっさり軽め」でしかも「ちょい小ぶり」がミソというか陥し穴というか、結構調子に乗って食べちゃうんですよねえ…。

Fさん、日本のコンビニの肉まんはあまり美味しいと思わないけど、551の豚まんは結構好きなんだとか。
そやなー。そうやんなー。








スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ