FC2ブログ
2010-01-17

台湾式ビーフシチュウ

前回お話した台湾のビーフシチュウの作り方を…。
と思って書きかけて、ジャンルをいちおう「肉類」にしたんですが、どっちかっていうと、野菜の方が多いです(笑)。
でもやっぱり気分的には「ビーフ」シチュウだし、ってことで。

レシピとかあんまり見ないで、適当にちゃちゃっと作りたい、というタイプの方には↓

肉じゃがを煮汁多めに作って粗挽き黒胡椒とラー油入れてください。終わり。

いや、食べたことないしもうちょっとなんか具体的な作り方を…、というタイプの方なら、以下ご参照。

材料
牛肉(カレー、シチュウ用)300g
タマネギ・ニンジン 各1個
ジャガイモ(中ぐらい)2個
マッシュルーム 8~10個ぐらい(缶詰でも可)
にんにく 1片(みじん切り)
醤油 50cc
砂糖 大さじ2
酒 15cc
粗挽き黒胡椒、ラー油、炒め用油 適宜

作り方
厚手の鍋に油を熱して、にんにくを入れて軽く炒めてから肉を入れます。
表面の色が変わったら、水をかぶるぐらい+やや多め、に加えて蓋をして煮込みます。
野菜はちょと大き目の一口大に切っておきます。
マッシュルームは、タテヨコに4等分してもいいし、薄切りスライスでもいいです。
お好きな方で。
15分~20分ぐらい煮込んだら、醤油・砂糖・酒を入れます。
タマネギ・ニンジンも加えて少し煮込みます。
ジャガイモ・マッシュルームも加えます。
仕上げに黒胡椒とラー油を加え、味を見て醤油か砂糖で調整して、出来上がり。

ポイントとしては、
ラー油は控えめ、黒胡椒はたっぷりめ(できれば挽きたてのものを)。
肉が柔らかくなってから野菜を加えること。
牛スジ肉を入れてもいいです。この場合はあらかじめ下煮しておくか、野菜を入れる前に煮込む時間を更に長くするかして、しっかり柔らかくしておくこと。
大ぶりに切った野菜が煮崩れないようにしたいので。

ご飯と別に盛り付けてもいいですし、シチュウ皿などに一緒に盛り付けても勿論OK。
藍布のランチスタイルにするなら、型抜きしたご飯を皿の少し右側に乗せ、その横に煮汁もたっぷりのビーフシチュウを流し込むように盛り付けてください。
因みに藍布では、お好み焼き用カップを型抜きに使ってました…。




スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ