FC2ブログ
2009-08-14

キュウリを炒める

先日、あるお宅に「出張」して料理をお作りしたときの一品です。
「キュウリのニンニク炒め」

材料:キュウリ2~3本、ニンニク一片
調味料:油・ナンプラー・鶏がらスープの素・コショウ

キュウリは皮をむいて(ピーラーを使うと便利)縦半分に切り、それを斜めの半月切りにする。
ニンニクは千切り。
フライパンに油を熱してニンニクをいれ、よい匂いがしてきたらキュウリもいれ、軽く炒める。
水少々(大さじ1~2)と鶏がらスープ少々(小さじ半分ぐらい)入れてなじませ、
フライパンの縁からぐるっとナンプラーを回しいれて炒め、味を見る。
コショウを振って軽く混ぜ合わせ、火を止める。

これは以前、中国・杭州の茶農家で食べた一品が元になってます。
そのときのは塩味でしたが、今回はたまたまこのお宅のキッチンにナンプラーがあったので、使ってみました。
味付けはだから、塩でも勿論いいです。
ポイントは、キュウリの皮をむくこと、味付けはシンプルに、ということ。

え~これキュウリ~??、へー、炒めても食べられるんだ~、ビールに合う~、などなど、
ほんのサイドディッシュのつもりだったのに意外に好評をいただき、「作り方は?」と訊かれたので、まあ、ようはキュウリ切って炒めるだけなんですが、ちょっと書いてみました。

キュウリを加熱するって日本ではなかなか思いつかないですが、中国では、炒めるほか、スープにも入れたりします。
ちょっと冬瓜ぽい感じかな。
そういえば去年か一昨年の夏、店で作ってお出ししたときにも、あるお客様が「家庭菜園でキュウリ出来すぎて困ってるんだ、そうか炒めればいいのか~。」とメニュウのバリエーションが増えたと喜んでくださいました。


スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ