FC2ブログ
2009-07-18

唐辛子ペーストを使って:その5(だっけ?)

さて今回は、炒め物とかチャーハンとかの加熱料理ではなく、ピリ辛のタレ・ドレッシングなんか作ってみましょう。
こういうものって、作り慣れると、市販のタレやドレッシング買わなくなりますよ~。
自分の健康と味覚の好みに合わせて、低塩とか低カロリー、ノンオイルにも出来ますし。
なんでもない野菜サラダでも、「自家製ドレッシング!」ってだけで、なんか箔が付きますし(ホンマか)。
蓋のしっかりしまる瓶やドレッシングボトルに入れて冷蔵しとけば、1週間ぐらいノープロブレム。
じゃ、やってみましょ。

ごま油+醤油+酢+豆板醤

初めの3つは、すべて同量の割合。
これが基本のキホンです。
一度コレで作ってみて、あとは好みでごま油控えめにして低カロリーに、とか、ちょっと酸味を和らげたいから、砂糖をちょっぴり加える、とかご自由に。
これに、豆板醤あるいはコチュジャンを、好みの辛さになる量、混ぜます。
よく溶かしたら、出来上がり。

応用編1
 基本のドレッシング+すりゴマorネギみじん切りorおろしにんにく


or、と書きましたが、andと読み替えていただいても結構。
あ、おろしショウガなんか入れても、今の季節、いいですね~。
それか、ネギじゃなくてニラのみじん切り、関西方面で大葉といわれる青じその千切りなんかも。
なんかそうめんの薬味みたいな感じになってきましたが(笑)。
いやホント、お昼のおそうめんの薬味に使ったネギ少し残っちゃったわ~、ってとき、そのままラップして冷蔵庫に…、となると、しなびること必須。
みじん切りにして自家製ドレッシングに混ぜてしまえば、数日、おいしく使えます。
もっとも、なんでもかんでも沢山入れちゃうと、ナニ作ってんだか判らなくなるけどね…。

この「ピリ辛中華風ドレッシング」は、大抵なんにでも合います。
今の季節なら、完熟トマトを冷やして輪切りにしたのにかけるとか、冷奴にもいいですね。
それから、蒸し鶏にもピッタリ。
焼きナスもいいな。
冷凍シーフードミックスを茹でたのにかけても。
ごま油を少し控えめにした割合で作って、お刺身にかけたら、「海鮮中華料理の前菜」って感じかな。
週末のスーパーで、「刺身盛り合わせ特売!」に遭遇したら、チャレンジしてみてね。


応用編その2
基本の「醤油」を「味噌」 に替えるだけ

各材料の割合は、味噌の塩気も色々あるので、お好みで。
同量ずつだと、かなりトロッとしたタレになりますから、油もしくは酢を増やして、トロミを調整してもいいです。
その場合、減塩味噌で塩気が足りないなら、塩もしくは醤油を少し足すとか。
コレは結構コクがあるので、ジャガイモやキャベツを茹でたのとか、茹で豚(今は豚の冷しゃぶですね)によく合います。
あ、話が唐辛子からそれるけど、豚と味噌って、相性いいのですね。豚汁なんかその好例かと。

もひとつドレッシング、次回に続きます。






スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ