FC2ブログ
2009-06-23

出産のあとに食べるものとは

「あじあのおばんざい藍布」というアジア家庭料理屋で、らんぷ店主は鍋を振るってるわけですが、
先月、この店の初期のアルバイトスタッフだった中国人女性から、女子出産とのおめでたいお知らせ。
彼女は現在、同郷出身のだんなさんと隣県に住んでいるので、「時間が出来たら、ひな鳥のスープ作って、赤ちゃんに会いに行くね」と言ってあります。

中国では、産前産後の女性は、ひな鳥を丸ごと煮込んだスープを飲む(と言うか食べる)のだそうで、
確かに鶏肉というのは消化しやすいし、良質のたんぱく質も、カルシウムも効率よく摂れる料理で、理にかなってるのですが、何かのエッセイで、ある中国人女性が「私なんか1ヶ月に16羽分も食べさせられました」と言う記述を呼んで、たまげた記憶が…。
さすがちゅうごく…。

お隣り韓国では、ワカメどっさりの「ミヨックッ」というスープが、これにあたります。
が、やはり、妊娠・出産の時期に沢山食べすぎ(というか、食べさせられすぎ)て、ワカメ見るのもイヤになる女性も…というエピソードも時々聞きます。
これまた各種ミネラルが一度に摂れる、結構な栄養食品なんですが。
なんでも食べすぎは、飽きるよね。

韓国と言えば、やはり数年前までスタッフとして長く働いてくれていたスタッフ(日本人)が、なんと店の取り持つ縁でかの国にお嫁入り。
去年の秋生まれた坊やを連れてこの夏、一時帰国の折に再会できるかなと、これも楽しみです。
「ワカメスープ、どんだけ飲んだ?」って、訊いてみなくちゃ。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ