FC2ブログ
2009-06-15

チヂミの怪・その2

らんぷ店主が店でよくお作りするのが、「ほくほくカボチャのチヂミ」。
カボチャをマッチ棒ぐらいに切って、たっぷり生地に混ぜ込んで、じっくり焼きます(因みに、チヂミ焼くときは、ヘラを使って裏返したら、上からぎゅうううう~っと、押し付けるように焼くのがコツです)。
ほんのり甘くて特に女性の方に人気ですが、これ、創作じゃなくて実は韓国だと、デパ地下のフードコートのメニュウにもあったりする。
但し、元々は、韓国ではエーホバクという、限りなくズッキーニに似た韓国カボチャを使うのがポピュラーですが。
その他にも、一般家庭では、青ネギとか椎茸とか、結構なんでもokの世界。
昔、韓国人スタッフに教えて貰った「玉ねぎと人参のチヂミ」なんて、カキアゲ風の優しい味で、なかなかハマりますよ。

聞いててなんだか微笑ましいのは、「雨の日にはチヂミを作って食べる」と言う話。
これ、数人の韓国人から(別の時期に)同じ事を聞きました。
「なんで?」と訊くと、これまたみんな、「さあ…。」と、ハッキリした理由は知らないけど、とにかく昔からそうしているのだとか。
買い物に行かなくてもあり合わせの材料で出来るからなのか、雨で他にすること無いからなのか…。
スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ