FC2ブログ
2009-06-04

ナンプラーを使いこなす・その3

唐突ですが、「豚の角煮」、これ和食ですよね。
まあせいぜい、中国の影響かな?ぐらいまでは見当のつく人も多いと思いますが。
この、豚のばら肉を5cm四方ぐらいに切って、醤油ベースの煮汁でじっくり煮込んだ料理、
じつはタイやベトナム、カンボジアなどの東南アジアでもポピュラーなのです。
(まあその辺も結局、世界に羽ばたく華僑の影響、とも言えなくも無いですが)
例えば、らんぷ店主が店で作る「ベトナム風角煮」なら、
醤油・ナンプラー・酒・砂糖・おろしにんにくをベースにして煮汁を作ります。
「カンボジア風」なら、やはり醤油・ナンプラー・砂糖・塩そしてコショウと言ったところ。

と言うわけで、ナンプラーが家に余っていて、角煮を作るのが好きな方(←こんなひとどれくらいいるんでしょうか)なら、一発解決、普段使う醤油や塩の量を減らして、ナンプラーを加えてみましょう。
前回も書きましたが、ナンプラーは醤油よりも色が薄いけど、塩分は濃いので、その辺だけ気をつけて。
あ、それと、何故かどの国でも、この豚煮込みには、ゆで卵を一緒に入れて煮込みます。
茶色い煮汁の染み込んだ煮タマゴって、みんな好きなのね。

それから、ナンプラーは魚介類とも相性がいいです。
何しろ、魚醤ですから。
ベトナムにも「サバの煮付け」ってあることだし、
今日はサバ煮にしよう、って時には、醤油を少し控えて、ナンプラーを足してみては?

いずれも、ほかほか白ゴハンに、ぴったりの味になります。




スポンサーサイト



プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ