2017-05-29

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!
IMG_20170526_131219.jpg

お品書きは、

レンズ豆と新じゃがのサラダ
豆腐ドレッシングのサラダ
薬膳スープ

そして、
IMG_20170527_130349.jpg


鶏と夏野菜のアラブ式トマト煮込み
ハトムギと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:紫イモと皮なし緑豆のココナッツミルク
ベトナムのハス茶

以上でございます。

カラリとして過ごしやすい日が多いものの、日中の陽射しはちょっと目に痛いほどの強さですね(^^;
サングラスや帽子など物理的に、そして体の中からも紫外線ケアの必要性を実感する時期です。

一品目は、胃腸の機能を助ける豆とジャガイモの組み合わせ、ハーブとスパイスのきいたドレッシングで和えました。
見え隠れしている緑色は、ニンジンの葉の軟らかい部分をみじん切りにしたもの。
抗酸化作用たっぷりで、お肌を中から守ってくれそうです。
ほろ苦い感じの香りですが、隠し味的に入れたスパイス類やオリーブオイルと相まって、マイルドな旨みの引き締め役になってくれました(^^♪

お次はこういうカラッと晴れた日に食べたい、豆腐ドレッシングのサラダ。
熱を冷ましてくれるキュウリやレタスを、香味野菜を混ぜ込んだ豆腐の「食べるドレッシング」と合わせて召し上がっていただくもので、いつも「ウチでもやってみよう」と言うお客様が続出です(^^)/
素材が寒涼性のものが多いので、豆腐の中には葱や唐辛子など、温熱性の薬味を入れて調節しています。

メインは、まさに食べる紫外線ケアとも言える、ナスやズッキーニやピーマンなど色とりどりの夏野菜をたっぷり入れた、ちょっとエキゾチックなスパイス遣いのトマト煮込み。
サウジアラビア料理のレシピをべースに作っています。
カラフルな野菜の持つ抗酸化作用、それに漢方的に見てもナスや玉ねぎなどは活血作用があって、血の滞りによってできるシミなどの予防に役立ちます。
温かい煮込みにすること、クミンやコリアンダーなど健胃作用のあるスパイスを入れることで、涼性のトマトやナスも、お腹の冷えを気にすることなくたっぷり食べられますね。

ご飯には、身体の水巡りを良くして肌の調子を整えるハトムギ、やはりポリフェノールを含む黒米をブレンドして、しっかり気を補いつつ紫外線ケアです。

デザートは、紫いもと皮むきタイプの緑豆のココナッツミルク。
紫芋の鮮やかな色も黒米と同じくポリフェノールを含んでいるので、その働きに期待したいですね。
そう言えば南国の沖縄の「紅いも」も、強い陽射しとうまく暮らすための産物かもしれません。
緑豆は、清熱と解毒の力を持つ夏向きのお豆さん。
これからのシーズンちょくちょく登場します(^^♪

食後の養生茶は、爽やかな香りで気を巡らしクールダウンしてくれる、ベトナムのハス茶を。

明日明後日は店休日をいただきまして、6月1日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
早いものでもう6月。そろそろ湿気対応策も心づもりしておかないといけませんね。
次のメインは、豚肉と厚揚げの高菜煮込み。中国の紹興(紹興酒の産地ですね)で食べた料理がベースになってる、ごはんにとてもよく合うおばんざいです。
野菜料理は、夏の主役?キュウリをスパイスのきいたインドネシア風で。
デザートは、身体の水巡りをスムーズにしてくれるハトムギと小豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。


スポンサーサイト
2017-05-22

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170518_113627.jpg

お品書きは、

新じゃがとピーマン、パプリカの細切りザーサイ炒め
春キャベツのラオス風ピーナッツサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20170519_123922.jpg

緑豆とコーンと鶏の東アフリカ風スパイス煮込み
ハトムギと黒米入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:マンゴーとクコの実のゼリー・ココナッツミルク添え
ベトナムのハス茶

以上でございます。

昼間の気温が30度とか、急に来た暑さに戸惑うお客様もちらほら。
7,8月に比べれば低くても、身体がまだ慣れていないので、意外に疲れが出たりしますよね。
お腹を冷やさず潤い補給、余分な熱を冷ましつつ体力を補っていきたいものです。

一品目は、意外な食感が楽しいジャガイモの細切り炒め。
漢方的には消化機能を助けてくれるジャガイモ、熱に壊れにくいビタミンCも含んでいます。
鮮やかな色合いの赤いパプリカ、ピーマンと合わせてザーサイの旨みで炒めてから冷ましました。
お腹にやさしい紫外線ケアの一品です(^^♪

お次は春キャベツや青しそ、プチトマトなどをこんもり盛り合わせたうえにクラッシュピーナッツを乗せて、
すっぱ辛いラオス風のドレッシングをかけました。
香りも食感も多様性があって、あっさりした野菜だけなのに意外に満足できます。
青しそや、ドレッシングに加えたライム汁などは薫りで気の巡りをスムーズにしてくれますので、
ちょっとストレスたまったなーと言う時にはこんな爽やか系のサラダもいいものです。

メインは、これからの時期どんどん使って行きたい清熱作用のある緑豆と利水の働きのあるコーン、そして気をしっかり補う鶏肉を合わせた、マイルドなカレーのような煮込み料理です。
元々は東アフリカのレシピで、ひよこ豆を使ったものでしたが、藍布の春夏の養生むけに緑豆でアレンジ。
らんぷ店主的には、むしろ緑豆のちょっとしゃきっとした食感がこのスパイスの組み合わせの相性がぴったりと思っております(^^♪

デザートは、身体の余分な熱を冷まして潤い補給にもなるマンゴーと、肝血を補って疲れ目にも効くクコを合わせて緩めのゼリーに仕立て、相性の良いココナッツミルクをソースとして添えたもの。

養生のお茶は、爽やかな香りで気を巡らせ、身体の火照りを冷ましてくれるベトナムのハス茶を。
初めて飲まれると言う方にも、とても評判の良いお茶です(^^♪




明日明後日は店休日をいただきまして、25日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、サウジアラビアなどアラブ地域で食べられている夏野菜と鶏のトマト煮込みです。
ちょっとエキゾチックな香りのラタトゥイユのイメージでしょうか。
現地では羊の肉で作られることも多いですが、羊はこの時期の日本ではちょっと温まる力が強いので、鶏肉で。
色鮮やかな野菜の力で、体の中から紫外線ケアを目指します(^^♪
野菜料理は、ひんやり豆腐ドレッシングのサラダなど。デザートは、さつま芋と緑豆のココナッツミルクを予定しています。
どうぞお楽しみに。




2017-05-16

薬膳ランチ:昨日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170512_130634.jpg

お品書きは、

新玉ねぎとコーンの粒マスタードマリネ
厚揚げと茹で野菜のインドネシア風サラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20170512_131532.jpg

緑黄色野菜と豚のフィリピン風しょうゆ煮込み
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:カボチャとハトムギのココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

桜のあとは藤やツツジ、そして5月はバラと、鮮やかな花の咲き乱れる季節になってきました。
新緑もぐんぐん空に向かって伸びていく様は、五行の「生から長へ」をそのままに表しているようです。
ヒトも伸びやかに活動して行きたいシーズンですね(^^)/

さて一品目、新玉ねぎの甘みを生かしたマリネです。
春野菜の甘みは、色々神経を使ってこの時期お疲れな胃腸を調えてくれます。
粒マスタードをたっぷりめに使って、甘酢っぱさを程よく引き締めているので、沢山の玉ねぎをぺろりと食べられてしまいます。
一緒に合わせた粒々コーンは、食感の良さもさることながら、身体の水捌けを良くするのに役立ちます。

お次のサラダは、インドネシアで「ガドガド」と言う楽しいネーミングがついている料理。
厚揚げやジャガイモ、ブロッコリーなどの茹で野菜に、ピーナッツペーストをベースにサンバル(インドネシアやマレーシアで使われている唐辛子調味料)の辛みをきかせた味噌だれのようなものをつけていただきます。
現地では茹で卵や茹でキャベツなども使い、エビせんべいなどもトッピングされたボリューム満点な物。
そしてこのピーナッツだれも出来立ての湯気が立っているようなのをかけて、
常温と言うか温野菜に近い感じで出てきますが、藍布のランチではサラダ感覚で軽く冷やしてご提供しています。
ピーナッツは、肺を潤して喉枯れや咳に薬効があると言われます。
おつまみのローストピーナッツのイメージからは意外ですが、中華圏や東南アジアでは、生の落花生を茹でて食べたり、
スープでじっくり煮込んでその薬効をいただきます。
ナッツ類はどちらかと言うと秋冬の食材ですが、
昨今は春先から今頃にかけて、花粉やその他の異物が空中に多く舞っているようで、
花粉症が長引いたり、鼻炎のような症状に悩まされる人も多いようです。
それで養生ランチにも、呼吸器や肺を潤す食材をピンポイント的に使うように最近は意識しています。
漢方、中医学は紀元前に理論の成立した医学ですから、基本を押さえつつ、現代の環境に合わせて使って行くことも大事だなと実感しています。
薬膳スープにも、肺を潤す百合を少し入れています。

さてメインは、フィリピンの煮込み料理「アドボ」をアレンジしたもの。
オリジナルは「豚のアドボ」「魚のアドボ」「茄子のアドボ」など単品でしっかり濃い目の味で作るようですが、
藍布では、玉ねぎを使った煮汁で豚バラ肉をじっくり煮込み、その旨みのでた煮汁でまたニンジンやインゲンなどの野菜を煮込んで、全体的に少し軽めの味でお作りしています。
よくお越しくださるお客様が先日召し上がって、
「ごった煮に見えるけど、肉はとろっと柔らかくて、ニンジンはニンジンの歯ごたえがあって、でも全体的に味が絡んで、いや美味しいねぇ」と言うコメントを頂戴しました(^^♪
ごった煮な盛り付けは改善の余地ありありですが(;^ω^)、嬉しいお声でした。

デザートは、カボチャとハトムギのココナッツミルクです。
カボチャはお腹を温めてくれ、栄養学的にはビタミンA.C.Eを含む、実はお肌の強力な助っ人です。
ハトムギは体の水巡りを改善して、こちらもお肌を滑らかにするとされますから、潤い補給のココナッツミルクと合わせると、まさに食べる美容液とも言えますね(^^♪
ほくほくとぷちぷち、食感の違いも美味しさをアップしてくれます。

今日と明日は店休日をいただきまして(今日は漢方の勉強してきます!)
明後日18日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、緑豆とコーンと言うこれからどんどん使って行きたいアイテムが両方入った鶏肉との煮込み、東アフリカスタイルです。
って、どんなスタイル??と思われる方もおいででしょうが、辛すぎないカレー風味にちょっとココナッツミルクも入って、マイルドでほどほどエスニックな、不思議とご飯にあう味わいです。
野菜料理は、ラオスのピーナッツサラダなど、デザートはマンゴーゼリーを予定しています。
どうぞお楽しみに。

















2017-05-08

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170505_144304.jpg

お品書きは、

新じゃがのサブジ
ワカメとコーンと春キャベツのニラドレッシングサラダ
薬膳スープ

そして、

IMG_20170505_144758.jpg

スリランカ風サバのココナッツカレー
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:パインとクコの実のゼリー・ココナッツミルク添え
ライチ紅茶

以上でございます。

ゴールデンウイークと言うことで、遠方からのお客様も多い週でした。
きたまちはまだ比較的静かな雰囲気ですが、駅周りの渋滞はかなりのものだったようですね。

さて一品目、サブジと言うのはインドの典型的なお惣菜、色々な野菜をスパイスで炒めてちょっと蒸し煮する感じで作るものですが、今の時期ならではの新じゃがで。
いわばインドの煮っ転がしです(^^)/
マスタードシードのぷちぷち感と、新じゃがの皮の食感が楽しめます。
スパイスとして使ったターメリックに含まれるクルクミンは、脳の老化予防に効果があるとも言われています。
クミンやコリアンダーは健胃の働きがありますし、じゃが芋自体も消化機能を助ける食材です。
そしてこのじゃが芋サブジ、そろそろおいしくなってくるビールのおつまみにもぴったりなんです(笑)

お次は、身体の水巡りを良くしたりほてりを冷ましてくれる食材を組み合わせた春夏向きのサラダ。
ドレッシングにはニラをたっぷり使って、冷え過ぎを調整しています。
リピーターのお客様がこのサラダ召し上がって「あ、ウチでもまたニラのドレッシング作らなきゃ」と言ってくださいました(^^♪
これからの季節、生野菜や冷奴にも活躍しますね。

メインは、サバを使ったスリランカ風のココナッツカレーです。
魚の出汁にスパイスやココナッツミルクが絡んで、
サバ好きさんは勿論、煮魚や焼きサバはそんな好きでもないと言う方にも
「おいしい~~、ごはんとよく合う~」と言っていただける嬉しい一品です(^^)/
トマトも実はけっこうたっぷり入っていて、この時期気になる紫外線を中からケアしてくれます。

ご飯は、黒米とアワをブレンド。アワは消化機能を助けてくれて、食性としては身体にこもる熱をとる涼性なので、これからの季節にピッタリです。

デザートは、歯ごたえを残すほどに潰したパイナップルにクコの実を合わせてゼリー仕立てにしたものに、ココナッツミルクのソースをトッピング。
まるでビールな外見と、ザクザク食感、パインとココナッツの相性の良さで、ランチの中で一番インパクトがあったようです(^^♪

明日明後日は店休日をいただきまして、11日木曜日からはまた、ガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、フィリピンです。豚肉と緑黄野菜を酢と醤油でじっくり煮込んだ、旨みたっぷりながら後口は意外に爽やかな料理です。
野菜料理は、新玉ねぎをたっぷり使ったサラダや、コクのあるピリ甘辛なソースが人気のインドネシア風サラダなどを予定しています。
どうぞお楽しみに。




2017-05-01

薬膳ランチ:今日までの季節の養生ランチコース

こんな感じでしたー!

IMG_20170427_131741.jpg

お品書きは、

ニンジンとトマトのチリソースマリネ
タケノコと彩り野菜のシンガポール風炒め
薬膳スープ

そして、

IMG_20170427_132220.jpg

新じゃがと鶏の韓国風みそ煮込み
黒米とアワ入りごはん
大根の香味しょうゆ漬け
デザート:さつま芋ともち米のココナッツミルク
ライチ紅茶

以上でございます。

ゴールデンウイークに入り、奈良公園の藤を楽しんだり、開催中の運慶展などご覧になられてのランチにお越しのお客様で賑わった週末でした(^^♪
昼間は半袖でも良いぐらいの陽射しですね。

一品目は、藍布のランチに時々登場するチリソースベースのマリネ、
紫外線が気になるのに比例して、トマトの割合がアップしてゆきます(^^♪
漬け汁に漬かった感じですが、この水分もほぼ、トマトとニンジンから出たものです。
キュッと飲み干して下さるお客様も多いので、しょっぱくなりすぎない味付けにしています。
トッピングしているのは、グリーンレーズン。
トマトやニンジンの抗酸化作用、甘みと酸味の組み合わせで「酸甘化陰」、体内で潤いを産み出すと言う漢方薬膳の理論を活用して、ダブルで紫外線ケアを狙いたい一品です。

お次は、タケノコをメインに、小松菜や春キャベツやパプリカなどの野菜、それに春雨や薄揚げなどを盛り合わせて、
シンガポールのフードコートなんかでよく食べたマイルドな味付けの炒め物。
野菜ばかりでもお揚げさんでコクが出ますし、干しエビやオイスターソースを使っているので旨みたっぷりです。
色々な歯触りが一度に楽しめるので、脳みそが程よく刺激を受けて頭がシャキッとする感じ(笑)

メインは、新じゃがが主役の韓国風の煮込み料理。
コチュジャンや味噌、鶏肉の旨みを吸い込んだおじゃがが好評でした。
皮ごと食べられるのも、今の時期ならではですね。
「わ~、ウチでも真似してみたい」と言うお声を何度か頂戴しました。
ご家庭の肉じゃがを、コチュジャンやごま油でちょっとアレンジしてみるのも良いですね。

ご飯は、黒米と、アワ入りです。
そろそろ温性のキビから、やや涼性のアワにシフトして行きますが、キビもアワも補脾と言って、消化機能を助けて食べたものを活動する力に変えてくれます。

デザートは、さつま芋ともち米のココナッツミルク。
さつま芋は、シナモンやクローブも入ったインドネシアのジンジャーシロップを加えて煮ました。
気を補い、お腹の調子も整えるスイーツです(^^)/

食後の養生のお茶は、氣血を補うライチの香りをブレンドした紅茶を。

明日明後日は店休日をいただきまして、4日木曜日からはまたガラリと変わったアジアのごはんで皆様のお越しをお待ちしております。
お次のメインは、鯖のスリランカ風ココナッツカレーです。
鯖を使っていますが、青背の魚が苦手な方にも無理なく召し上がっていただけるカレーです(^^)/
野菜料理は、ワカメやコーンを使ったさっぱりとして体の水巡りもよくするサラダや、引き続き旬の新じゃがを使った一品を。
デザートは、ぷるるん系のパイナップルとクコのゼリーを予定しています。
どうぞお楽しみに。








プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ