2018-06-11

薬膳料理教室

昨日10日は臨時休業させていただき、名張の料理教室に薬膳料理の講師として出張してまいりました。

藍布での「薬膳ごはんセミナー」や、他の団体にお招きいただいての講師の時は、お話と試食がメインで、
実際に参加のみなさまだけで料理を実習していただくことはらんぷ店主にとっても滅多にないことでしたが、
皆さん手際よく作業をされて、おかず2品とデザート一品を作っていただきました。

IMG_20180610_105419.jpg


出来上がってから一緒に戴き、食事の後にらんぷ店主から薬膳の基本的な考え方などについてお話しさせていただきました。

IMG_20180610_110650.jpg

この日は参加者の方々がご自分で作られた料理を「これ、おいしい~」「うちでも作れそう」と言ってらっしゃるのを聞いて、
いつもとはまた別な嬉しさを感じたらんぷ店主でした(^^♪
アジアの薬膳が、参加の方々にとって親しみやすいものと受け取って戴けていたらと思います。






スポンサーサイト
2018-05-13

薬膳ディナー:久々の夜らんぷ

数日前ですが、ご依頼をいただいてディナー営業でした。

谷町時代の定番、「野菜たっぷり生春巻」「鶏レバーの生姜煮バンコック風」などの他、
ご近所の美味しいお豆腐屋さんの厚揚げを使った四川風の炒め物、
インドネシア風のピーナッツソースのサラダ、
香港の薬膳スープ食材セットを使って豚スペアリブをじっくり煮込んだもの、などなど。

IMG_20180509_182956.jpg

IMG_20180509_183920.jpg

IMG_20180509_200022.jpg

IMG_20180509_191844.jpg

全部の写真は撮り切れず、ご提供の料理の一部です(^^ゞ

夜はご予約を戴いた場合のみ、おまかせコースでご用意いたします。
4名~7名様ぐらいまで。
お料理は3000円前後でご用意できます。デザートを盛り合わせにしたり、生春巻きを二倍量にして欲しいなどのご要望も承ります。
アルコールなどドリンク類は、こちらでご用意も出来ますし、持ち込みもご相談に応じます。
詳細はお気軽にお問い合わせください。
2017-12-28

味噌作りに行ってきました。

店休日の26日に、滋賀県栗東市まで味噌作りに行ってきました。

友人で、食と農の楽しいイベントをいくつも展開している「もんぺおばさん」こと中井あけみさんのワークショップです。
毎年12月から3月初旬まで、栗東にある工房で、あるいはJA等の主宰する教室に講師として出張され、「もんぺおばさんの田舎味噌」を沢山の人に伝えておられます。
去年は延べ300人を超える方が参加されたそうです。

以前いただいたこの味噌、本当に旨みたっぷりで、味噌汁は勿論のこと、生で味噌だれやドレッシングを作るのにもってこいなのです。

IMG_20171226_091012.jpg

↑大きなタライに糀、塩、そして茹でた大豆を混ぜ合わせます。

IMG_20171226_093039.jpg

↑こちらは、茹であがったばかりの大豆。
次の講座のために、広げて冷ましておきます。

IMG_20171226_093000.jpg

↑先ほど、タライでよく混ぜ合わせた大豆と糀、機械に少しずつ入れてペースト状にして行きます。
色といい形と言い、モンブランのクリームみたいですね(笑)

電動ですが、筒状の押し出し棒は手で押すので、作業が続くと結構腹筋を使います。
沢山の参加者で共同作業なのですが、らんぷ店主はこの手の仕込み、つい黙々と続けてしまうので、
「らんぷさん大丈夫ですか、替わりますよ」と他の方からお声がけいただいてしまいました(^^ゞ
(そして翌日、案の定ほんのりと筋肉痛が…)

この後は、ペースト状の作り立て味噌を丸めて味噌玉にし、容器に空気が入らないように詰めて行って、重しをして密閉。
持ち帰って半年、冷暗所で保存するのです。

次回の方のために、糀づくりも。
蒸しあがった糀を作業台に広げて冷まし、種麹(くすんだ緑色の、一見カビみたいなのがコメに付着しています)を振りかけてまんべんなく混ぜ込みます↓

IMG_20171226_110921.jpg

混ぜ終わったら、保温機にセットして、天地返しをしながら3日かけて発酵させます。


今回の講座には、お子さん連れのお母さん方の参加も多く、この糀づくりには小学生ぐらいのちびっ子も参加。
作業台に背が届かない幼稚園クラスのお子達は、大豆の中から黒ずんだものやしわのあるものを選別する作業に参加していました。
もっと小さい子は、お母さんにおんぶされたりその辺ウロウロしたり(笑)
不思議と、誰もぐずついたり喧嘩したりもなく、おもちゃのひとつもない空間で賑やかご機嫌でした。

一度の参加で、味噌作り、大豆を茹でるところや糀づくりも一通り体験できる、非常によく考えられたカリキュラムになっていました。
一連の作業が終わり、片付けも済んだ頃に、もんぺおばさんお手製の糀甘酒の振る舞い。
旨みたっぷりの甘酒でした。

来年の夏の終わりごろに熟成出来たら、養生ランチの味噌ドレッシングや味噌煮込みなどにも、使って行く予定です。

早朝の電車に乗って忙しい一日でしたが、良い刺激になりました。










2017-12-24

薬膳ディナー:夜らんぷ営業しました

数日前のことですが、またご依頼をいただいて、一グループ限定の「夜らんぷ」営業させていただきました。
こじんまりとした忘年会と言う感じでした(^^)/

IMG_20171216_180543.jpg
↑野菜たっぷり生春巻

IMG_20171216_181309.jpg
↑くずし豆腐のザーサイ&ピータン和え

IMG_20171216_182016.jpg
↑北海道のじゃが芋団子・コチュジャンだれ

IMG_20171216_183330.jpg
↑ほくほくカボチャのチジミ

IMG_20171216_190242.jpg
↑マレーシアの「バクテー肉骨茶」、スペアリブの漢方薬煮込みスープです。
ご近所の「きたまち豆腐」さんがこの時期だけ特別に作る、のっぺ揚げを入れました。

IMG_20171216_191822.jpg
↑沖縄の具だくさん炊き込みご飯

IMG_20171216_201120.jpg
↑デザート盛り合わせ。苺のライトシロップソースと無糖のホイップ純生クリームをシフォンケーキに添えて。アイスクリームは、黒ゴマとクルミをたっぷり練り込んでいます。

ドリンクは、ワインや日本酒の他、アルコールを飲まれない方にはザクロとアサイ―のジュースをご用意し、デザートにはクランベリーやエキナセアなどのハーブ、ナツメスライスなどを合わせた紅茶を添えました。

今回ご紹介の内容はご要望により少しリッチなご予算で組ませていただきましたが、
「夜らんぷ」につきましては、4名様以上、お料理はお一人三千円ぐらいからご相談させていただけます。
完全予約制となるため、食材手配などの都合上、できましたらご希望の日程より2週間以上前にお問い合わせいただけたら幸いです。
とは言え、出来る範囲でご要望にお応えできればと考えておりますので、お気軽にお問い合わせください。




2017-12-06

フレッシュなクリスマスリース

1週間前のことですが、近くのお花屋さん主宰の、フレッシュグリーンで作るクリスマスリースのワークショップに参加してきました。

クリスマスリースの由来や、使う花材の種類(ヒバや柊、ユーカリ、その他のベースとなるグリーンの種類だけでも7,8種類あったのですが覚えきれず(^^ゞ)についての説明の後に、いざリース作り開始。

芯となる藤のリースも好みの大きさを選んで、数センチにカットしたグリーンを小さな束にしてワイヤーでこまめに巻き付けて行きます。

IMG_20171128_100941.jpg

「初心者は、直径小さめの方がもこもこっとした可愛いリース作りやすいです」と言うことでしたし、
らんぷ店主自身も可愛い目の作る気満々だったのですが、ふと、「店に飾るには天井高いし、小さいのは寂しいかな?」と疑問が湧いて、主催の花屋さんオーナーに訊いたら
「あ、らんぷさんの店やったら絶対、こんくらいの要ります」と、箱に入ってるリースの中でもほぼ最大のを取り出して渡され(^^ゞ(^^ゞ

直径が大きいと当然巻き付けるグリーンの量も巻き巻きする回数も多く…。
バランスを考えるゆとりもなく時間内に巻き終わるかさえ若干不安でしたが、何とか巻き終わりまして。

グリーンは勿論、アクセントとなる山帰来の赤い実や白いコットンフラワー、松ぼっくりやドングリも色々な大きさのものがありました。
そしてグッとクリスマスらしくなるキラキラの丸いオーナメントやリボンも用意して下さってましたが、どうもこのリースは天然素材系でまとめたほうがウチの店らしいかな、という気もして、
こんな仕上がりです。

IMG_20171128_124625.jpg

店に戻って入り口上の壁に吊ると、ぴったりのサイズ。

面白いなと思ったのはアフターケア方法。
クリスマスまでフレッシュなグリーンを保つには、こまめに水遣り。
毎日、霧吹きでシュッシュッです。
何となく愛着がわいてきますね(笑)

クリスマスまでにご来店いただいたらぜひ、入り口のリース見上げて下さいませ。





プロフィール

らんぷ店主

Author:らんぷ店主
アジアのお母さんの味に東洋医学のエスプリを混ぜた、アジア薬膳料理屋を奈良きたまちの古民家で展開。
「あじあの薬膳おばんざい 藍布(らんぷ)」
火曜・水曜定休
奈良市法蓮町1232
℡ 0742-27-1027

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ